【参加レポ】リアル脱出ゲーム「宇宙飛行士選抜試験」に行ってきました(ヒミツキチオブスクラップ池袋)

公演の個人的まとめ

公演の種類 ヒミツキチ型
1チーム人数 6人
脱出成功率 30%程度
難易度
おすすめ度
謎の数
発想力
全体の評価

「宇宙飛行士選抜試験」について

アジトオブスクラップ池袋で行われている、リアル脱出ゲーム宇宙飛行士選抜試験 二次試験に参加してきましたのでレポします。

ネタバレにならない範囲で書きます。

何度も延期を重ね、やっと実施にこぎつけた本作。
年始に発表され、実施まで半年以上の時間を要した作品ですので、
期待に期待を高鳴らせました。

正直原作は読んだことがなかったので、原作一気買いして読みました!
めちゃくちゃおもしろかったので、おすすめします。是非買って読んでみてください!

読んだ方がいい理由は他にもありますので、後で触れます。

これは、あなた自身が選抜試験を受け宇宙飛行士を目指す体験型ゲーム・イベント。
この試験では想像力・精神力・判断力の3つの要素が試される。
月面に向かう際にトラブルが起きたムッタたちと、
あなたは管制官として通信をしながら、
彼らの生還を目指せ!

いつまでやってるの?

現状、終了予定日は決まっていないようです。

脱出成功!(合格!)

脱出成功!!
成功要因はいくつかありますが、公演の性質上、何を書いてもネタバレになってしまいますので、
公演の特徴だけ書いておきます。

  • 謎解き・脱出ゲームというより、謎解きをベースにした「宇宙飛行士選抜試験」という印象。
  • 奇をてらった謎、というより、テンパらずにしっかり観察をし、順番通りロジカルに考えれば合格できる可能性が高い。
  • 性質上、知り合いと行くとより楽しめる

評価

これは賛否両論分かれる公演だと思います。
良かったポイントと改善が必要なポイントを挙げます。

良かったポイント

  • なにより楽しい!(友人同士で行くととても楽しめる!)
  • 原作の選抜試験にかなり忠実に作っている。(ここまで完成度上げるの大変だったろうなぁ…延期も納得)
  • 奇抜な発想はそこまで多くは必要なく、ちゃんとやれば合格できる可能性が高い仕様。

悪かったポイント

  • 一次試験の完成度はそこまで高くなく、普通のゲームみたいになっていた。
  • 一次試験と二次試験の関連性が全くなく、二次試験に人を誘うための障害にしかなっていなかった。(一次試験は何度もチャレンジできることも含めて)
  • 二次試験は、人数が少なくても不利にならないように配慮しているとのことだったが、やはり性質上人数が少ないと不利になると思われる箇所が見受けられた。
    (逆に人数が少ない方がプラスになる箇所もあったので、プラスマイナスゼロぐらいで丁度いいのか?)
  • チケット代が高い。(一次試験1,500円、二次試験4,500円なので、合計で6,000円。通常公演の倍!)

チケット代が高いのは、公演を最後までやれば理由がわかります。
人件費や制作費含めて、小規模でやるには非常に金のかかっている公演だと思います。

最後にひとこと

総評としては、面白かったと思います!
通常の脱出ゲームとは全く違う内容なので、誰でも楽しめる公演になっていると思います。

ただ、間違いなく原作を読んでから参加することをおすすめします。
原作の要素をふんだんに詰め込んであり、宇宙飛行士になるために必要な要素が本当に試されます。

参加者はネタバレや公演の内容に触れることは禁止なのですが、
公式では結構ガッツリ触れています。
(公式で触れていることなら触れていいんじゃないかと思うのですが…笑)

これから行かれる方は下記サイトを一度見てから行くといいかと思います!

小山宙哉先生は宇宙飛行士になれたのか?!
『宇宙兄弟』本編の中で、ムッタたちが受けるテストや訓練には、どこか「たのしそう」な雰囲気があります。もちろん、当事者であるキャラクターたちにとっては人生をか...