【参加レポ】リアル脱出ゲーム「監獄アルバトロスからの脱出」に行ってきました(原宿ヒミツキチオブスクラップ)

公演の個人的まとめ

公演の種類 ヒミツキチ型
1チーム人数 4人
脱出成功率 10%程度
難易度
おすすめ度
謎の数
発想力
全体の評価

「監獄アルバトロスからの脱出」について

東京でやっていたリアル脱出ゲーム「監獄アルバトロスからの脱出」に参加してきましたのでレポします。
ネタバレにならない範囲で書きます。

監獄アルバトロスーー
世界の名だたる犯罪者たちも震えあがるその場所に
あなたは捕らえられてしまった。

悪党がひしめく檻の中に閉じ込められ
まもなくあなたは処刑されてしまう!

生き残る鍵は、壁に書き記された不思議な暗号文。

看守の目を盗み、脱獄をくわだてる囚人たち。

刻一刻とせまるタイムリミット。

あなたは仲間と共に監獄アルバトロスに隠された秘密を暴き出し
脱獄することが出来るか?

今回の舞台は、狭い檻が立ち並ぶ巨大な監獄。
4人の囚人が1つの檻の中に本当に閉じ込められてしまう!

仲間と知恵を絞り、この監獄から脱獄せよ!!

いつまでやってるの?

  • 東京会場  2016年 9月30日(金)~2016年12月 4日(日)※終了
  • 名古屋会場 2016年12月16日(金)~2017年 2月 5日(日)
  • 大阪会場  2017年 2月17日(金)~2017年 4月 9日(日)

脱出失敗しました

各チームは監獄に閉じ込められているため、ほぼ他のチームの様子は見えません
そのため、最初の説明も最後のネタバラシも、従来のスクリーンを見ながらではなく、全て音声による解説となります。

結果は脱出失敗しました。

今回は4人という少人数でのチーム組となりますので、情報共有が非常にし易いです。
最初から超ハイスペースで謎を解くことができ、おそらく第一ステージ、第二ステージは
会場内では最速で解けたのではないでしょうか。

終わった後の反省会でも話しましたが、今回の敗因は2つあります。はっきりしています。

1.最初の説明をちゃんと聴いていなかったこと

2.「これは●●のためにあるだろう」「これは使わないだろう」という思い込みがあったこと

1に関してはもう恥ずかしいです。お前は初心者かと。
リアル脱出ゲームにおいて、「最初の説明」以上に重要な物はないにも関わらず、
チーム内で私語をしていて聴き逃してしまいました。これが最後に大きく響きました。

2については、今回の公演で身に沁みて感じました。
リアル脱出ゲームにおいて、思い込みや決めつけは絶対に禁物です。
絶対に違和感には必ず意味があるんです! その違和感を決めつけず、大事にしてください。

そこそこおもしろい!

4人公演はほぼないので、その点でおすすめです。
が、少しだけ最後の展開に無理があるような… 個人的には少し納得行っていません。
あれはあれじゃだめなんじゃない?とか、あれは違うでしょ。という少し納得行っていない感が否めない。
何を言っても失敗したので負け惜しみにはなりますが、やはりリアル脱出ゲームの醍醐味は最後の爽快感。
それを感じられなかったので、おすすめ度星3つにしています。

最後にひとこと

他公演にも通ずる考え方です。

「思い込みや決めつけは絶対にするな」